【CSS】positionを使って要素の上に要素を被せる方法

今回は、CSSのpositionを使って要素の上に要素を被せる方法を紹介していきます。

【CSS】positionを使って要素の上に要素を被せる方法

完成形はこちらです。

See the Pen
Untitled
by webis (@webis-co)
on CodePen.

アイテムの上に数字が記されたボックスを被せていることが分かるでしょう。

それでは早速作っていきます。

※ Google Chrome、Safari、Microsoft edgeで確認しました。

HTML

 

まずは親要素boxの中に、子要素box__itemを3つ用意します。

そして子要素の中にspan、h2、pタグを入れ子にします。

spanタグをCSSで後でbox__itemの上に被せていきます。

CSS

 

spanをbox__itemの上に被せる方法は、まずspanの親要素であるbox__itemに対して「position: relative;」を指定します。

そして、box__itemの子要素であるspanに対して「position: absolute;」を指定することで絶対配置になりました。

spanに対して装飾を加え、最後にspanに対して「top: -20px; 」と「left: -25px;」を指定して被さるように配置したらOKです。

まとめ

以上が、CSSのpositionを使って要素の上に要素を被せる方法でした。

この記事を書いた人
Yujiro WEBコーダー

大阪のWEB制作会社で働くコーダー。コーディングにハマり、気づいたらWEB制作を仕事にしていました。現在は新規のWEBサイト制作やWordPressカスタマイズしたり、当技術ブログを運営しています。

関連記事