WordPressで現在見ているテンプレートファイルを確認できるプラグイン【What The File】

WordPress案件でテンプレートファイルを修正する際に、今見ているページは何のテンプレートファイルを使っているのか分からなくなることがあるでしょう。

そんな時は、WordPressのプラグインである「What The File」が便利です!

「What The File」の使い方

まずはWordPress管理画面の左のサイドバーにある「プラグイン>新規追加」を選択します。

そして「What The File」と検索し、有効化のボタンをクリックしてインストールします。

そして、管理画面にログインしている状態で、今見ているページの右上の「What The File」のアイコンを見てみましょう。

アイコンの上にカーソルを合わせると、現在見ているページが読み込んでいるテンプレートファイル名が表示されます。

画像では、single.phpのテンプレートファイルが読み込まれていることが分かりました。

「What The File」を使うことで、テンプレートファイルを修正するのが楽になりますよ!

まとめ

以上が、WordPressで現在見ているテンプレートファイルを確認できるプラグイン【What The Fileでした。

WordPressカスタマイズをする際に使ってみてください。

この記事を書いた人
Yujiro WEBコーダー

大阪のWEB制作会社で働くコーダー。コーディングにハマり、気づいたらWEB制作を仕事にしていました。現在は新規のWEBサイト制作やWordPressカスタマイズしたり、当技術ブログを運営しています。

関連記事