WordPressで任意のテンプレートファイルを作成して読み込ませる方法

今回は、「WordPressで任意のテンプレートファイルを作成して読み込ませる方法」について紹介します。

インクルードタグとget_template_part

まずは「インクルードタグ」と「get_template_part」の違いから見ていきましょう。

インクルードタグとは?

WordPressではあらかじめ以下のようなテンプレートファイルを読み込むための「インクルードタグ」と呼ばれるコードが用意されています。

上記のインクルードタグはWordPress案件でも頻繁に使われているコードです。

get_template_partとは?

「get_template_part」とは、自作した任意のテンプレートファイルを読み込ませることができるテンプレートタグのことです。

任意のテンプレートファイルとしてまとめことで、修正が楽になるメリットもあります。

WordPressで任意のテンプレートファイルを作成して読み込ませる方法

それでは、任意のテンプレートファイルを作成して読み込ませてみましょう!

例えば、header.phpやfoooter.phpと同階層に「template.php」のファイルを作成したとします。

template.php」を指定した箇所で読み込ませる場合は、以下のようなコードを貼り付けましょう。

「”」の中には、「.php」より前のファイル名を入れます。

また、templateといったフォルダ内の「loop.php」を読み込ませたい時は、以下のように書きます。

パラメーターには階層を記してあげましょう。

そして、templateのフォルダ内の「loop-news.php」のように「-(ハイフン)」で任意の名前を繋ぐ場合は、以下のように書きます。

これで色んなパターンのテンプレートファイルを読み込ませることが出来るでしょう。

まとめ

以上が、「WordPressで任意のテンプレートファイルを作成して読み込ませる方法」でした。

 

この記事を書いた人
Yujiro WEBコーダー

大阪のWEB制作会社で働くコーダー。コーディングにハマり、気づいたらWEB制作を仕事にしていました。現在は新規のWEBサイト制作やWordPressカスタマイズしたり、当技術ブログを運営しています。

関連記事