【ACF】カスタムフィールドで画像の値を取得して表示する方法

今回は、「カスタムフィールドで画像の値を取得して表示する方法」について紹介します。

カスタムフィールドで画像を表示する実装はWordPress案件でも頻出なので、是非マスターしていきましょう!

※Advanced Custom Fieldsのプラグインをインストールしている前提で話を進めていきます。

【ACF】カスタムフィールドで画像の値を取得して表示する方法

今回はカスタムフィールドの画像の返り値がURLの場合の表示方法について説明したいと思います。

例えばフィールド名(test-image)で指定した画像を表示させたい場合は、以下のコードを記述しましょう。

Advanced Custom Fieldsで設定した入力フィールドの値を取得することができる「get_field」で画像の値をまず取得します。

そして、「the_field」で取得した画像の値を表示させます。

「get_field」と「the_field」の関数を使うことで簡単にカスタムフィールドで設定した画像の値を出力することが出来ました。

まとめ

以上が、「カスタムフィールドで画像の値を取得して表示する方法」でした。

◎参考記事
https://hirashimatakumi.com/blog/7.html

この記事を書いた人
Yujiro WEBコーダー

大阪のWEB制作会社で働くコーダー。コーディングにハマり、気づいたらWEB制作を仕事にしていました。現在は新規のWEBサイト制作やWordPressカスタマイズしたり、当技術ブログを運営しています。

関連記事