WEBサイトをレスポンシブ対応にする方法

今回は、「WEBサイトをレスポンシブ対応にする方法」について紹介します。

今の時代、WEBサイトのレスポンシブ化はマストなので、レスポンシブ初心者の方は是非知っておきたいところです。

WEBサイトをレスポンシブ対応にする方法

結論から言うと、以下のmetaコードをheadタグの中にコピペして貼り付けたらOKです。

metaタグがないとWEBサイトをレスポンシブ表示にすることが出来ないので、注意してください。

昔のレスポンシブ化されていない古いWEBサイトには、上記のコードが書かれていないことが多いですね。

まとめ

以上が、「WEBサイトをレスポンシブ対応にする方法」でした。

 

この記事を書いた人
Yujiro WEBコーダー

大阪のWEB制作会社で働くコーダー。コーディングにハマり、気づいたらWEB制作を仕事にしていました。現在は新規のWEBサイト制作やWordPressカスタマイズしたり、当技術ブログを運営しています。

関連記事