【WordPress】ページごとに異なるbodyタグのclassをつける方法

今回は、WordPressでページごとに異なるbodyタグのclassをつける方法について紹介していきます。

ページ単体でCSSを効かせたい時に便利です。

【WordPress】ページごとに異なるbodyタグのclassをつける方法

方法は簡単で、bodyに対して以下のコードを追加したらOKです。

<body <?php body_class(); ?>>のコードを書くことで、ページごとに異なるclassをbodyタグに自動で付けることが出来ます。

例えば、トップページだと以下のような文字列を表示します。

個別投稿ページだと、以下のような文字列に。

固定ページだと、以下のような文字列になります。

上記のように、ページごとに出力されるbodyのclassを使うことで、ページごとに個別でCSSを適応させることが出来るメリットがあります。

他にもclassの種類はあるので、もっと詳しく知りたい人は、「テンプレートタグ/body class」の記事を参考にしてみてください。

まとめ

以上が、WordPressでページごとに異なるbodyタグのclassをつける方法でした。

 

この記事を書いた人
Yujiro WEBコーダー

大阪のWEB制作会社で働くコーダー。コーディングにハマり、気づいたらWEB制作を仕事にしていました。現在は新規のWEBサイト制作やWordPressカスタマイズしたり、当技術ブログを運営しています。

関連記事