WordPressカスタマイズでよく使うテンプレートファイル

今回は、「WordPressカスタマイズでよく使うテンプレートファイル」について紹介します。

WordPressカスタマイズをするならば、必ず知っておきたい内容ですね。

テンプレートファイルとは?

テンプレートファイルとは、WordPressのルールに沿って作られたPHPファイルのことです。

毎回似たようなテンプレートファイルを使うので、WordPressを触っていくうちに自然と覚えますよ。

WordPressカスタマイズでよく使うテンプレートファイル

header.php

header.phpとは、コードの先頭にある「DOCTYPE〜header」までのコードをまとめたテンプレートファイルです。

header.phpとしてコードをまとめておくことで、複数ページでheaderのコードを使い回すことが出来るメリットがあります。

footer.php

footer.phpとは、「JavaScriptのscriptタグ〜最後のhtmlの閉じタグ」までのコードをまとめたテンプレートファイルです。

header.phpと同様で、footer.phpとしてコードをまとめておくことで、複数ページで使い回しが出来ます。

archive.php

archive.phpとは、投稿の記事一覧を表示させる時に使われるテンプレートファイルです。

page.php

page.phpとは、固定ページを表示させる時に使われるテンプレートファイルです。

固定ページは、お問い合わせページやアクセスページなど、時系列に左右されないページのことです。

single.php

single.phpは、個別記事ページを表示させる時に使われるテンプレートファイルです。

スペルは「singular.php」でも構いません。

404.php

404.phpとは、存在しないURLにアクセスされた場合に、エラーメッセージを表示するためのテンプレートファイルです。

こちらのページを用意しておくことで、ユーザーに間違ったアクセスだと気付かせることが出来ます。

functions.php

functions.phpとは、WordPressテーマ内で使う関数の定義や管理画面の設定などのコードをまとめることが出来るテンプレートファイルです。

例えば、ページネーションなどの関数がまとめられていたりしますよ。

front-page.php

front-page.phpとは、WEBサイトのトップページを表示させる時に使うテンプレートファイルです。

他にもトップページを表示させるテンプレートファイルはありますが、front-page.phpが一番優先順位が高くなっています。

まとめ

以上が、WordPressカスタマイズでよく使うテンプレートファイルでした。

 

この記事を書いた人
Yujiro WEBコーダー

大阪のWEB制作会社で働くコーダー。コーディングにハマり、気づいたらWEB制作を仕事にしていました。現在は新規のWEBサイト制作やWordPressカスタマイズしたり、当技術ブログを運営しています。

関連記事