WordPressのテンプレートタグをショートコードに変換する方法

今回は、「WordPressのテンプレートタグをショートコードに変換する方法」について紹介します。

WordPressのテンプレートタグをショートコードに変換する方法

WordPressの投稿画面では、WordPressであらかじめ用意されているテンプレートタグを使用することが出来ません。

しかし、テンプレートタグをショートコードに変換することで、投稿画面でも読み込ませることが出来ます。

今回は、画像パスを合わせる際に使われる<?php echo get_stylesheet_directory_uri(); ?>のテンプレートタグをショートコード化していこうと思います。

結論から言うと、以下のコードをfunctions.phpに書きましょう。

「add_shortcode」とは、自分でショートコードが作れるテンプレートタグです。

そして、1つ目の引数(shortcode)がショートコード名で、2つ目の引数(shortcode_func)がショートコードの関数名になります。

引数名は自由に決めてOK。

そして、returnの次に出力させたいテンプレートタグを書きます。

最後に、投稿画面でショートコードを出力させるには、ショートコード名を[ショートコード名]で囲ってあげれば完了です。

これで投稿画面でもテンプレートタグを読み込ませることが出来るようになりました。

まとめ

以上が、WordPressのテンプレートタグをショートコードに変換する方法でした。

 

この記事を書いた人
Yujiro WEBコーダー

大阪のWEB制作会社で働くコーダー。コーディングにハマり、気づいたらWEB制作を仕事にしていました。現在は新規のWEBサイト制作やWordPressカスタマイズしたり、当技術ブログを運営しています。

関連記事