WordPressで画像やスタイルシートなどのパスを通す方法

今回は、「WordPressで画像やスタイルシートなどのパスを通す方法」について紹介したいと思います。

よく使う手法なので、是非参考にしてみてください。

WordPressで画像やスタイルシートなどのパスを通す方法

WordPressでは、静的なコーディングファイルをサーバーにアップロードしただけでは、画像やスタイルシートが読み込まれません。

だから、静的なコーディングファイルのパスを通してあげる必要があります。

そんな時に使えるのが、「<?php echo get_stylesheet_directory_uri(); ?>」のテンプレートタグです。

WordPressでは手間がかかりますが、パスを1つ1つ通していく必要があります。

画像のパスを通す方法

画像パスを通すときは、以下のようにします。

こうすることで、WordPressでも画像がきっちり表示されますよ。

スタイルシートのパスを通す方法

スタイルシートのパスを通す際には、以下のようにします。

これでスタイルシートが読み込まれるようになります。

まとめ

以上が、「WordPressで画像やスタイルシートなどのパスを通す方法」でした。

 

この記事を書いた人
Yujiro WEBコーダー

大阪のWEB制作会社で働くコーダー。コーディングにハマり、気づいたらWEB制作を仕事にしていました。現在は新規のWEBサイト制作やWordPressカスタマイズしたり、当技術ブログを運営しています。

関連記事