[コピペ用]WordPress案件でよく使うテンプレートタグ一覧

今回は「WordPress案件でよく使うテンプレートタグ一覧」を紹介します。

案件で頻出の内容なので、是非コピペして使ってみてください!

WordPressのテンプレートタグとは?

WordPressのテンプレートタグとは、WordPressであらかじめ値を取得する際に用意されているPHP関数のことです。

例えばテンプレートタグを使うことで、ブログ内にあるカテゴリーや日時といった情報を取得して表示させることが出来ます。

WordPress案件では必ずテンプレートタグを理解する必要があるので、是非学んでおきたいところですね。

WordPress案件でよく使うテンプレートタグ一覧

◎インクルードタグ

・header.phpを呼び出す

・footer.phpを呼び出す

・sidebar.phpを呼び出す

・自作したテンプレートファイルを呼び出す

・searchform.phpを呼び出す

・comments.phpを呼び出す

◎ループ

・メインループ

・サブループ

◎投稿ページタグ(ループの中で使用)

・記事が投稿された日時を表示

・記事が投稿された時刻を表示

・記事のタイトルを表示

・記事の本文を表示

・記事の本文の抜粋文を表示

・記事のURLを表示

・記事のカテゴリーを表示

◎タグの出力

・wp_headアクションをスタートさせる

このコードがないと、プラグインが正常に動かなくなることがあるので、必ずheadタグの中に入れておきましょう。

・wp_footerアクションをスタートさせる

このコードがないと、プラグインが正常に動かなくなることがあるので、必ずbodyタグの直前に入れておきましょう。

・ページごとにbodyにクラスをつける

◎条件分岐

・トップページ

・固定ページ

※固定ページ以外の条件分岐タグも同様に、()の中にパラメーターを入れることで、特定のページの値を取得することが出来ます。

すべての固定ページ

特定の固定ページ(ID)

特定の固定ページ(スラッグ)

特定の固定ページ(タイトル)

複数の固定ページ

・個別投稿ページ

・アーカイブページ

・カテゴリーページ

・検索ページ

・404ページ

・アイキャッチ画像

◎その他

・画像やCSSのパスを繋げる

・ホームURLを返す

‘’の中にページスラッグを指定することで、個別のページごとのURLを返すことも出来ます。

まとめ

以上が、「WordPress案件でよく使うテンプレートタグ一覧」でした。

WordPress案件を行う際には、是非コピペして使ってみてください!

 

この記事を書いた人
Yujiro WEBコーダー

大阪のWEB制作会社で働くコーダー。コーディングにハマり、気づいたらWEB制作を仕事にしていました。現在は新規のWEBサイト制作やWordPressカスタマイズしたり、当技術ブログを運営しています。

関連記事