【WordPress】「MW WP Form」で確認画面に進まない時の原因と対処法

「MW WP Form」はお問い合わせフォームを簡単に作成することができるWordPressプラグインです。

お問い合わせフォームで確認画面を表示することが出来るので、頻繁にWordPress案件でも使われています。

しかし、たまに確認画面まで進まない現象が起きてしまうことがあります。

そんな時のために、今回は「MW WP Form」で確認画面に進まない時の原因と対処法について紹介するので、確認画面まで進まなくて悩んでいる人は是非参考にしてください!

【WordPress】「MW WP Form」で確認画面に進まない時の原因と対処法

原因は大きく分けて4つあります。

それでは1つずつ見ていきましょう!

原因① 他のプラグインとバッティングしている

これはどんなプラグインにも当てはまることですが、他のプラグインとバッティングして正常に動作しないケースがあります。画面遷移でうまく動かない場合はリダイレクト系のプラグインが影響しているかも知れません。

対処方法としては、他のプラグインを無効化してMW WP Form単体で動作するか確かめてみましょう。もしそれで確認画面に遷移できれば他のプラグインとバッティングしていることが分かりますので、無効化したプラグインを一つずつ有効化していきどのプラグインを有効化したときに不具合が起こるのか検証します。

原因となるプラグインが分かればそのプラグインを別のプラグインで代用するなどの措置をとりましょう。

原因② wp_head()やwp_footer()のテンプレートタグが抜けている

意外と多いのが、wp_head()やwp_footer()のテンプレートタグが抜けている場合です。

wp_head()やwp_footer()は何をしているかというと、プラグインに必要なcssファイルやjsファイルを出力します。

なので、header.phpにwp_head()を、そしてfooter.phpにwp_footer()のテンプレートタグをそれぞれ追加しておかないとjsやcssがない状態でプラグインが動作しますので不具合がおこることになります。

こちらの記事が分かりやすいので、気になる方はチェックしてみてください。

原因③ 投稿画面に<form></form>タグが入っている

「MW WP Form」では、フォームとして表示させたいHTMLコードを投稿画面に貼り付けることが出来ます。

しかし、「MW WP Form」の投稿画面に<form></form>タグを入れてしまうと、確認画面までページ遷移しない場合があります。

なので、「MW WP Form」の投稿画面では、<form></form>タグを入れないようにしましょう!

「MW WP Form」で<form></form>タグは自動補完されるので、お問い合わせページのPHPファイルの<form></form>タグも消しておくと良いですね。

原因④ スパム対策プラグインである「Akismet」をインストールしている

「Akismet」はコメントスパム対策として、WordPressインストール時からデフォルトでインストールされています。

「MW WP Form」の配布サイトのFAQでも、以下のように書かれています。

Akismet をご使用の場合、何度も同じIPアドレスから送信を行うとスパム扱いされてしまい、確認画面に遷移しなくなることがあります。テスト環境などで何度も送信テストを行う場合はご注意ください。

ですので、「Akismet」のプラグインは停止しておくことをお勧めします!

まとめ

以上が、「MW WP Form」で確認画面に進まない時の原因と対処法でした。

 

この記事を書いた人
Yujiro WEBコーダー

大阪のWEB制作会社で働くコーダー。コーディングにハマり、気づいたらWEB制作を仕事にしていました。現在は新規のWEBサイト制作やWordPressカスタマイズしたり、当技術ブログを運営しています。

関連記事