WordPressカスタマイズでよく使う条件分岐タグまとめ

今回は、「WordPressカスタマイズでよく使う条件分岐タグまとめ」について紹介します!

WordPressカスタマイズをする際には、必ずと言っていいほど条件分岐タグが使用されます。

条件分岐タグは今回紹介するもの以外にもありますが、頻出のものだけ覚えておけばOKです。

条件分岐タグの基本的な書き方

条件分岐とは、ある条件式の結果によって行われる処理を分岐することです。

WordPressはPHPで書かれているので、PHP構文を使って条件分岐を書きます。

条件分岐タグはif文で表すことが出来ます。

それぞれの条件に当てはまる場合に表示されるコードを記述したらOK。

ちなみに、if文の数は上記の数以上に増やすこともできます。

WordPressカスタマイズでよく使う条件分岐タグまとめ

それでは、WordPressカスタマイズでよく使う条件分岐タグを見ていきましょう!

よく使う条件分岐タグだけ頭に入れておけばOKです。

トップページ

トップページを条件分岐するには、以下のコードを使います。

固定ページ

全ての固定ページを条件分岐するには、以下のコードを使います。

固定ページIDが5の時だけ条件分岐するにはこちら。

スラッグがnewsの固定ページの時だけ条件分岐をさせたい時はこちら。

固定ページタイトルが「この固定ページについて」の時だけ条件分岐をさせたい時はこちら。

そして最後に、複数の条件の固定ページで条件分岐させるには以下のように書きます。

このように、パラメーターに値を入れることで、より細かいページでの条件分岐が可能になります。

投稿ページ

全ての投稿ページで条件分岐する場合は以下のように書きます。

固定ページ同様、パラメーターに値を入れることで、特定の投稿ページで条件分岐させることもできます。

カテゴリーページ

カテゴリーページで条件分岐させる場合は以下のように書きます。

固定ページ同様、パラメーターに値を入れることで、特定のカテゴリーページで条件分岐させることもできます。

アーカイブページ

全てのページのアーカイブページで条件分岐をする場合はこちらのコードを書きます。

固定ページ同様、パラメーターに値を入れることで、特定のアーカイブページで条件分岐させることもできます。

タグページ

タグページで条件分岐させるには、以下のコードを記述します。

固定ページ同様、パラメーターに値を入れることで、特定のタグページで条件分岐させることもできます。

検索結果ページ

検索結果ページで条件分岐させるには、以下のコードを記述します。

404ページ

404エラーページでは、以下のように条件分岐させます。

日付別一覧ページ

日付別一覧ページでは、以下のように条件分岐させます。

年代別一覧ページ

年代別一覧ページでは、以下のように条件分岐させます。

月別一覧ページ

月別一覧ページでは、以下のように条件分岐させます。

日別一覧ページ

日別一覧ページでは、以下のように条件分岐させます。

モバイルとPCページ

モバイルとPCで表示を条件分岐させるコードはこちら。

モバイルとはタブレットとスマホのことです。

アイキャッチ画像

アイキャッチ画像の条件分岐はこちら。

もし替えの画像を表示させる必要が無ければ、else以下のコードは消してもOKです。

まとめ

以上が、「WordPressカスタマイズでよく使う条件分岐タグまとめ」でした。

コピペして使えるので、WordPressカスタマイズする際に使ってみてください。

この記事を書いた人
Yujiro WEBコーダー

大阪のWEB制作会社で働くコーダー。コーディングにハマり、気づいたらWEB制作を仕事にしていました。現在は新規のWEBサイト制作やWordPressカスタマイズしたり、当技術ブログを運営しています。

関連記事